早めの対応を

メンタルヘルスの問題は、身体の病気よりも悩んでいる人が多く、本人の家族や職場へ与える様々な影響も大きくなりますが、身体の病気に比べ、早い段階で、適切な対処を受けていないことが様々な調査によって明らかになっています。

ストレスからくる心の問題を理解する、あるいは自覚することが難しいのは、体の病気のように、画像写真や血液検査では診断できず、形がなく目に見えないことです。 さらに、ストレス問題は誰にでも起こるので、どの段階から病気と考えれば良いのかが判りにくいのです。自分の性格の弱さと勘違いする、あるいは周りから怠けているなど本人の気持ちや周りの考え方も影響するので、その心の変化を自分で病気だと理解することが難しくなっています。

誰でも無理なストレス状態になりメンタルヘルスのバランスが崩れることを、正しく理解して、早くストレスケアカウンセラー®に相談してみることが大切です。相談や対応は早ければ早い程、回復も早く、良くなることが判っています。


実証に基づくストレスケアカウンセリングはこちら